障がい者支援事業

HOME  > 事業内容  > 障がい者支援事業

eiroomへ

障がい者支援事業

放課後等デイサービス事業

放課後等デイサービスとは、ハンデを持った子ども達の学外の学び場

 放課後等デイサービスとは、障害のある学齢期児童が学校の授業終了後や学校休業日に通う、学習支援機能・療育機能・居場所機能を備えたサービスのことです。平成24年の児童福祉法の一部改正により新しくできた通所支援サービスであり、利用には自治体発行の受給者証が必要となります。
 このサービスの利用に際しては、これまでの通所施設のように障害手帳や療育手帳が必須ではなく、原則自治体の許可があれば誰でも利用する事が可能となります。今後、国もこの放課後等デイサービスの全国の拠点を活用した児童・生徒に対する通所支援サービスの拡充を推進しており、活動の場、活用される場が多くなることが予想されます。

放課後等デイサービス事業

児童発達支援事業

児童発達支援事業とは、ハンデを持った幼児の延長保育

 何らかの問題を抱える幼児を保護者のもとから通わせて、日常生活における基本的動作の指導、独立自活に必要な知識技能の付与又は集団生活への適応のための訓練を提供することを目的とした施設です。
 対象は療育の観点から集団療育及び個別療育を行う必要があると認められる未就学の障害児となっています。ただし、放課後等デイサービスと同様に、「障害児」といっても必ずしも障害者手帳や療育手帳などの交付を受けている必要はありません。基本的には、そのお子さんに「療育が必要かどうか」という自治体による判断となりますので、利用にはお住まいの自治体が発行する受給者証が必要となります。

児童発達支援事業

基本コンセプト

「子どもたちの2S2Mの向上による地域・社会の発展に寄与する」

【2S2Mとは】

 ①社会適応能力
 ②職業スキル
 ③モラル
 ④メンタル

放課後等デイサービス及び児童発達支援事業をハンデを持った子ども達の学童と捉えるのではなく、子どもたちの2S2Mを向上させ、ハンデがあろうとも社会に適応し自立した生活を送るための基礎を築く場として、専門家及び蓄積されたノウハウによって作られたプログラムの提供場とし、国家及び地域社会の発展、そして子どもたちの健全な成長に寄与します。

当施設、ノウハウの特徴

療育基本方針

社会性基本スキル

社会に適応し、社会の中で生活をするために必要なスキルの向上を目指します。

  • 人が社会性を有するために最も必要なことは、ストレスコーピング能力と自己受容、そして自己有用感と自己肯定感にあります。これらを向上させ、 安定的な自己を保つための指導を行います。
  • 集団の中でどのように他者と関わりを持たなければならないのか、をベースに対人関係能力を向上させるための指導を行います。
  • 自己の感情コントロールスキルの向上を行います。
  • 社会性スキルとして最も必要な道徳心(道徳スキル)の向上させるための指導を行います。

生活に必要な糧を得るための基本スキル

社会の中で自立した生活していくために必要な糧(収入)を稼ぐためのスキル向上(職業スキルの向上)を目指します。

  • 職業スキルを身に付けさせるための、仕事に直結させることができる知識の指導
    (例:ITの知識、金融の知識、投資知識、法律知識など)
  • 職業スキルを身に付けさせるための、仕事に直結させることができる技能の指導
    (例:プログラミン技術、簿記など)
  • 身に付けた知識・技能をアウトプットする場所・場面の提供(展示会等)

事業内容

ストレスチェック個人ページへ 企業管理者様用ページへ ei-roomらくさいへ

講演会

一覧へ

インフォメーション

一覧へ

このページの先頭へ戻る