企業のストレスチェックの外部委託なら厚生労働省・労働安全衛生法に対応したメディカル・ビー・コネクトへ

INFORMATION
新着情報

健康経営優良法人の認定基準適合事例のご紹介

健康経営優良法人の取得に向けて・・・・

 

働き方改革が推進されている中で、社員の健康をいたわる「健康経営」が注目されています。
そして、健康経営をしている企業を見える化する仕組みとして「健康経営優良法人認定制度」があります。

健康経営優良法人・認定基準・適合事例・画像1

 

健康経営優良法人認定制度とは・・・

優良な健康経営により組む企業を「見える化」し「社員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業」として顕彰する制度です。

 

健康経営優良法人認定制度のメリットは・・・

認定を受けることで社員を大事にするだけでなく、社会やステークホルダーから評価される点にあります。

健康志向による社員のモチベーションの向上

働き方の見直しに繋がり、生産性の向上につながる

長時間労働等によるメンタルヘルスの疾患等が減り、離職防止につながる

ホワイト企業のイメージが伝わり、採用面として優秀な人材の確保につながる

投資家や金融機関等からも企業価値の向上が認められ、融資や出資が受けられやすくなる

c健康診断事務代行-アウトソーシング化-画像2

健康経営優良法人の認定を受けるためには・・・・

経営理念として社員の健康管理を重視する方針を打ち出し・周知する、

全社的に健康経営に取組むことを打ち立てるため、社内外に健康経営に取組む組織体制を周知するなどが必要です。

また、認定要件を満たすためには以下の精度・施策の実行が必要となります。

認定のための施策は、大きく3つの要件と14項目があります。

 

【健康経営優良法人に認定されるための施策】

(1)従業員の健康課題の 把握と必要な 対策の検討

①定期健診受診率(実質100%)

②検診勧奨の取組

③ストレスチェックの実施

④健康増進・過重労働防止に向けた具体的目標(計画)

健康診断事務代行-アウトソーシング化-画像3

 

 

(2)健康経営の実践に 向けた基礎的な 土台づくりと ワークエンゲイジメント

⑤管理職又は一般社員に対する教育機会の設定

⑥適切な働き方実現に向けた取り組み

⑦コミュニケーションの促進に向けた取り組み

健康診断事務代行-アウトソーシング化-画像4

 

 

(3)従業員の心と身体の健康づくりに向けた具体的対策

⑧保健指導の実施又は特定保健指導実施機会の提供

⑨食生活の改善に向けた取り組み

⑩運動機会の増進に向けた取り組み

⑪受動喫煙対策

⑫従業員の感染症予防に向けた取り組み

⑬長時間労働者への対応に関する取組み

⑭不調者への対応に関する取組み

健康診断事務代行-アウトソーシング化-画像5

 

大規模法人部門では、上記の14項目のうち、11項目以上の取組が要件です。

一方、中小規模法人部門では、上記の①から④のうち2項目、⑤から⑦のうち1項目、さらに⑧から⑭のうち3項目が要件です。

 

それでは、具体的に認定基準を満たすための事例とはどのような取り組みになるのでしょうか。

メディカル・ビー・コネクトでは健康経営優良法人の認定を目指す企業様の取り組みを手助けすべく、健康経営参考事例を纏めてみましたので、以下の資料を参考にして頂ければと思います。(あくまで参考事例となります)

 

なお、弊社でお手伝いできる業務についても触れさせて頂いておりますので、もしご興味がありましたらお気軽にお問合せ下さい。

 

→健康経営優良法人の認定基準適合事例集はこちらをクリック←

各種相談・お見積りのご依頼等につきましては、以下の問合せフォームからお願い致します。

お問合せ

ストレスチェック、産業医紹介、復職支援、健康診断手配、メンタルヘルスケア他各種研修、産業保健関連についての業務はメディカル・ビー・コネクトへご相談下さい

ストレスチェックの委託会社・代行業者をお探しなら、厚生労働省・労働安全衛生法に基づく義務化に対応した、メディカル・ビー・コネクトへご相談を。企業・職場のストレスチェック実施費用のお見積り・プラン毎の料金・価格比較などお気軽にご相談下さい

 

2020.07.15

ページトップ